日本史年表

日本史年表、ワードで配布しています。中学校受験、高校受験の基礎レベル。

日本の歴史年表

  年号 出来事
旧石器時代 数万年前
狩りや漁をして暮らしていた。

旧石器(打製石器)

岩宿遺跡

縄文時代 約13000〜12000年前

現在の日本列島の形になる。

稲作と金属器が伝わる。

弥生時代 紀元前5〜4世紀ごろ

紀元前1世紀ごろ
倭は100あまりの国に分かれていた。
57 倭の奴国の国王が後漢に使いを送る(後漢書東夷伝)
239 邪馬台国の女王卑弥呼が魏に使いを送る(魏志倭人伝)
古墳時代

3世紀半ば〜4世紀
ヤマト政権が国内を統一する。

4世紀 倭が高句麗と戦う
5世紀 倭の五王が中国に使いを送る(倭国王讃・珍・済・興・武の五人が使いを送って貢物を献じた/晉書・宋書など古代中国南朝の史書による)
538 百済から仏教が伝わる(百済の聖明王の使いで訪れた使者が欽明天皇に金銅の釈迦如来像や経典,仏具などを献上)
飛鳥時代 593 聖徳太子が摂政になる。
603 冠位十二階が定められる
(大綆 小綆 大仁 小仁 大禮 小禮 大信 小信 大義 小義 大智 小智)
604 憲法十七条が定められる
(日本書紀「夏四月 丙寅朔戊辰 皇太子親肇作憲法十七條」と記述されている17条からなる条文。官僚や貴族に対する道徳的な規範を示したもの)
607 小野妹子が隋に送られる(遣隋使)
630 犬上御田鍬が唐に送られる(第一回遣唐使)
645 大化の改新(改新の詔・新たな施政方針を示すために発せられた詔)
中大兄皇子が蘇我氏を滅ぼす。
663 白村江の戦いで倭国と百済の連合軍が唐・新羅の連合軍に敗れる。
672 壬申の乱が起きる
天智天皇の太子大友皇子(弘文天皇の)に対し、皇弟大海人皇子(天武天皇)が反旗をひるがえした。反乱者である大海人皇子が勝利。
694 都が藤原京に移される(現在の奈良県橿原市を中心)
701 大宝律令が完成する。
日本史上初めて律と令がそろって成立した本格的な律令
708 和同開珎が作られる
日本で最初の流通貨幣と言われる。皇朝十二銭の第1番目
奈良時代 710 平城京に都が移される
奈良市を中心に大和郡山市にかけて。唐の都「長安」を模倣して作られた
712 古事記が作られる
太朝臣安萬侶(おほのあそみやすまろ)によって献上。日本最古の歴史書
720 日本書紀が作られる
日本伝存の最古の正史で、六国史の第一。舎人親王らの撰で神代から持統天皇の時代まで。
723 三世一身の法
墾田の奨励のため、開墾者から三世代までの墾田私有を認めた法令
741 国分寺の詔は出される
聖武天皇が国状不安を鎮撫するために各国に国分尼寺(こくぶんにじ、こくぶにじ)とともに建立を命じた寺院
743 墾田永年私財法が定められる
墾田(自分で新しく開墾した耕地)の永年私財化を認める法令
東大寺の大仏を作る詔が出される
752 東大寺の大仏完成
754 鑑真が平城京にくる
帰化僧。日本における律宗の開祖
759 唐招提寺が建てられる
鑑真ゆかりの寺院。南都六宗の1つである律宗の総本山
平安時代 794 都が平安京に移される
京都府京都市。桓武天皇により定められた
866 藤原良房が摂政になる
人臣最初の摂政。藤原氏の地位を確立
887 藤原基経が関白となる
日本史上初の関白
894 遣唐使が廃止される
菅原道真の建議により停止
935 平将門の乱が起こる
関東一帯を制圧して新皇と自称し独立勢力圏を打ち立てようとしたが平貞盛、藤原秀郷らの攻撃を受けて短期間で滅ぼされた。
939 藤原純友の乱が起こる(瀬戸内海)
承平・天慶の乱(関東と瀬戸内海で起きた平将門の乱と藤原純友の乱の総称)
1016 藤原道長が摂政となる
1051 前九年の役が起こる
陸奥の長であった安倍氏の乱。源頼義らによって鎮圧される
1053 平等院鳳凰堂が建立される
藤原氏ゆかりの寺院。極楽浄土の世界
1083 後三年の役
奥州清原氏の内乱。清原武貞の養子清衡が勝利し母方のその後藤原姓を名乗り、奥州藤原氏初代となった。
1086 白川上皇が院政を始める
天皇が余力ある内に引退し、若き子の天皇を後見する。善仁皇子(堀河天皇)へ譲位し上皇となったが、白川院と称して、引き続き政務に当たった
1156 保元の乱が起こる
対立関係の、崇徳上皇に後白河天皇が奇襲を仕掛けた事件。後白河天皇が反対派の排除に成功した。武者ノ世の始まり
1159 平治の乱が起こる
後白河天皇(二条天皇へ譲位し、治天の君院政)院の近臣らの対立により起きた政変。平氏政権確立の礎。
1167 平清盛が太政大臣になる
武士では初めて太政大臣「平氏にあらずんば人にあらず」と言われる時代
1180 源頼朝が伊豆で兵をあげる
伊豆(蛭ヶ小島)で以仁王の令旨を受け平家打倒の兵を挙げる
1185 壇ノ浦の戦いで平氏が滅びる
壇ノ浦(山口県下関市)で行われた合戦。治承・寿永の乱の最後の戦い
源頼朝が守護地頭をおく
守護・武家の職制で、国単位で設置された軍事指揮官・行政官
地頭・公領を管理支配するために設置した職
鎌倉時代 1192 源頼朝が鎌倉に幕府を作る
源頼朝が征夷大将軍に任官される
1205 新古今和歌集が完成
後鳥羽上皇の勅命によって編まれた勅撰集
1219 源実朝が殺されて源氏が滅びる
第三代征夷大将軍源実朝、鶴岡八幡宮で兄の源頼家の子公暁に襲われた
1221 承久の乱が起こる
後鳥羽上皇が鎌倉幕府に対して討幕の兵を挙げて敗れた兵乱
京都に六波羅探題がおかれる
鎌倉幕府の職名。承久の乱ののち、幕府がそれまでの京都守護を改組し京都六波羅の北と南に設置した出先機関。朝廷の動きをいち早く掴むための役所。
1232 北条泰時が御成敗式目を制定
武士政権のための法令。貞永式目(じょうえいしきもく)ともいう。
1274 文永の役
元及び高麗によって二度にわたり(弘安の役)行われた日本侵略の戦争。
1281 弘安の役
1297 永仁の徳政令
元寇での戦役や異国警護の負担から没落した御家人の借入地などを無償で取り戻すことを目的として出された日本で最初の徳政令
1333 鎌倉幕府が滅びる
足利高氏(尊氏)が六波羅探題を落とし、北条氏が新田義貞らの軍に滅ぼされて幕を閉じた
室町時代 1334 後醍醐天皇による建武の新政が始まる
後醍醐天皇が親政(天皇がみずから行う政治)を開始した事により成立した政権
1336 南北朝の内乱が始まる
足利尊氏による光明天皇、後醍醐天皇の吉野遷幸により朝廷が分裂した。
1338 足利尊氏が征夷大将軍になり室町幕府を開く
光明天皇から征夷大将軍に任じられ正式に幕府を開く
1378 京都の室町に花の御所が建てられる
室町幕府の足利将軍家の邸宅の通称。室町御所とも呼ばれていた。
1392 足利義満が南北朝を合一する
大内義弘を仲介に南朝方と交渉、南朝が解消される形での南北朝合一を実現
1404 日明貿易(勘合貿易)が始まる
貿易許可証である勘合符を使用するすることから勘合貿易とも呼ばれる
1428 正長の土一揆が起こる
凶作、流行病、将軍の代替わり(足利義持から足利義教へ)などの社会不安が高まる中、近江坂本や大津の馬借が徳政を求めた一揆。
1429 琉球王国が成立する
尚巴志王が南山を滅ぼし三山を統一して成立した。
1467 応仁の乱が起こる
8代代将軍足利義政のときに起こった内乱。管領の細川勝元と、山名持豊らの有力守護大名が争い全国に拡大影響し、戦国時代に突入するきっかけとなる
1485 山城の国一揆が起こる
山城(京都府南部)で国人や農民が協力し、守護大名畠山氏の政治的影響力を排除し、以後8年間自治を行った一揆
1488 加賀の一向一揆が起こる
本願寺門徒らが中心となった浄土真宗(一向宗)の信徒たちがおこした一揆
1543 ポルトガル人が種子島に漂着して鉄砲が伝来する
種子島は火縄銃の製作が始められた場所でもある
1549 ザビエルがキリスト教を伝える
カトリック教会の宣教師でイエズス会の創設メンバーの1人
1560 桶狭間の戦いが起こる
大軍を引き連れて尾張に侵攻した今川義元に、尾張の大名織田信長が10分の1程とも言われる軍勢で本陣を強襲、今川義元を討ち取って今川軍を壊走させた戦い
1573 室町幕府が滅びる
足利義昭は織田信長によって京都を追放され、室町幕府は名実ともに滅亡
安土桃山時代 1575 長篠の戦いが起こる
長篠城をめぐり、織田信長・徳川家康連合軍と武田勝頼軍との間で行われた戦い。織田信長・徳川家康連合軍が勝利する。
1582 本能寺の変が起こる
明智光秀が謀反を起こし、京都の本能寺に滞在中の織田信長を攻め、自刃させた事件。
1587 キリスト教が禁止される
バテレン追放令。豊臣秀吉によって発令されたキリスト教弾圧の為の命令。宣教師追放令ともいわれる。
1588 刀狩令が出される
豊臣秀吉によって発令された百姓身分の者の帯刀権を剥奪する兵農分離政策
1590 豊臣秀吉が全国統一をする
関東・東北を平定。奥州、伊達政宗が秀吉に服属、北条氏を倒し、全国統一する。
1592 文禄の役が起こる
豊臣秀吉が主導する遠征軍と李氏朝鮮および明の軍との間で朝鮮半島を戦場にして戦われた戦い
1597 慶長の役が起こる
1600 関が原の戦いが起こる
豊臣秀吉死後の政権を巡って争われた徳川家康を中心とする派と石田三成を中心とする派の間の決戦
江戸時代 1603 徳川家康が征夷大将軍になり江戸幕府を開く
1607 江戸時代はじめての朝鮮通信使が江戸幕府に派遣される
日本へ派遣された李氏朝鮮からの国使、対馬藩の努力によって、江戸時代はじめての通信使が幕府に派遣される。
1615 大阪の陣で豊臣氏が滅びる(冬の陣、夏の陣)
武家諸法度が定められる
江戸幕府が諸大名を統制するために定めた法令
1635 参勤交代が確立される
各藩の大名を定期的に江戸に出仕させる江戸時代の大名統制のための制度。各大名が自主的におこなっていたものを1635年の武家諸法度改定によって義務付け
1616 ヨーロッパ船の来航を平戸・長崎に限定 鎖国政策
1624 スペイン船の来航が禁止される
1635 日本人の海外渡航と帰国が禁止される
1637 島原・天草一揆が起こる
島原藩の島原半島と、唐津藩の天草諸島、百姓の酷使や過重な年貢負担に窮し、飢饉の被害も加わり、両藩に対して反乱を起こした乱である。キリシタン(カトリック信徒)の宗教戦争の側面もある。
1639 ポルトガル船の来航が禁止される
1641 オランダ商館が長崎の出島に移される
江戸幕府の鎖国政策の一環として長崎に築造された人工島
1669 シャクシャインの戦いが起こる
シベチャリ(静内)のチャシを拠点に、松前藩の不公正な貿易などに対して起きたアイヌ民族の蜂起
1685 生類憐みの令が出される
1716 徳川吉宗が将軍となる
破綻しかけていた幕府財政を再建した。米相場の安定に苦心したことから米将軍ともいわれる。
1722 上米の制が定められる
享保の改革の際に出した制度。大名に石高一万石に対して百石の米を納めさせる代わりに参勤交代の際の江戸在府期間を半年(従来は1年)とした
田沼意次が老中となる
数々の幕政改革を手がけ、田沼時代と呼ばれる権勢を握る。悪化する幕府の財政赤字を食い止めるべく、重商主義政策を取る。「賄賂政治」。将軍家治の死亡後に失脚
1782 天明の大飢饉が起きる
江戸四大飢饉の1つで、日本の近世史上では最大の飢饉。田沼意次時代の重商主義政策により、農民が都市部へ流出、冷害・多雨と重なり起こった飢饉。
1787 松平定信が老中となる
寛政の改革を行い、幕政再建を目指した。
「白河の清きに魚のすみかねて もとの濁りの田沼こひしき」形式に流れることが多く、抜本的改革には苦心した。
1790 朱子学以外の学問が禁止される
寛政異学の禁。幕府の指導力を取り戻すために、儒学のうち農業と上下の秩序を重視した朱子学を正学とし、古文辞学や古学を禁じた
1825 外国船打払令が出される
異国船打払令、外国船がしばしば来訪し上陸や暴行事件が発生したことに対し、発した外国船追放令である。無二念打払令とも言う。
1833 天保の大飢饉が起こる
1833年に始まり、35年から37年にかけて最大規模化した飢饉。主な原因は洪水や冷害。
1837 大塩平八郎の乱が起こる
天保の大飢饉による米不足の中、買い占めを図っていた豪商らに対して天誅を加える挙兵
幕府の役人だった大塩が反乱を起こしたことは、幕府の要人、また幕政に不満を持つ民衆達に大きな衝撃を与えた
1838 高野長英、渡辺崋山らが鎖国政策を非難
異国船打払令を批判し開国を説く、渡辺崋山「慎機論」
1841 水野忠邦が株仲間を解散させる
享保の改革で幕府に公認され、上納金を納める代わりに、販売権の独占などの特権を認められた「株仲間」を流通の独占が物価高騰の原因であるとして、解散を命じた
1853 ペリーが浦賀に来航する
ペリーが艦隊を率いて鎖国をしていた日本へ来航し、開国させた
1854 日米和親条約が結ばれる
江戸幕府とアメリカ合衆国が締結した和親条約。下田と函館が開港され、鎖国体制が崩壊。
1858 日米修好通商条約が結ばれる
総領事ハリス、大老井伊直弼によって結ばれた通商条約。条約港の設定、領事裁判権をアメリカに認める。 江戸・大阪の開市、自由貿易など
安政の大獄が起こる
大老井伊直弼・老中間部詮勝らが、施策「日米修好通商条約への調印および徳川家茂の将軍職継承」への反対派を弾圧した事件
1860 桜田門外の変が起こる
安政の大獄で反対勢力を弾圧していた井伊直弼に対し、藩主の父である徳川斉昭の謹慎などで特に反発の多かった水戸藩の浪士が大老井伊直弼の行列を江戸城桜田門で襲い暗殺した事件
1862 生麦事件が起こる
武蔵国橘樹郡生麦付近において、薩摩藩の行列を乱したとされるイギリス人4名のうち3名を薩摩藩士が殺傷した事件、薩英戦争が勃発する。
1863 薩英戦争が勃発する。
生麦事件の解決を迫るイギリスと薩摩藩の間で戦われた鹿児島湾における砲撃事件。薩英戦争の結果、薩摩藩は攘夷が実行不可能であることを理解し、イギリスは幕府支持の方針を変更して薩摩藩に接近した。
1864 下関の砲台が四カ国連合艦隊に占領される
四カ国連合艦隊と長州藩の戦闘で、 砲台が破壊され下関が陸戦隊に占領された
1866 薩長同盟が成立する
政治的、軍事的な倒幕運動に協力する6か条の同盟
1867 大政奉還が行われ、江戸幕府が滅びる
十五代征夷大将軍徳川慶喜が、大政(統治権)の朝廷(天皇)に対する返上を申し出た政治的事件
明治時代 1868 戊辰戦争が起こる
王政復古で成立した明治新政府が江戸幕府勢力を一掃した内戦
1869 版籍奉還が行われる
諸大名から天皇への領地(版図)と領民(戸籍)の返還
1871 廃藩置県が行われる
藩を廃止して、地方統治を中央管下の府と県に一元化した行政改革
1872 富岡製糸場が作られる
群馬県富岡市にある日本初の器械製糸工場。官営模範工場の一つ。輸出品である繭から生糸をつくる近代的な製糸工場
1873 徴兵令が出される
国民の兵役義務を定めた法令、満20歳の男子から抽選で3年の兵役とすることを定めた
地租改正が始められる
租税制度改革。この改革により日本にはじめて土地に対する私的所有権が確立した土地制度改革
1874 民選議院設立建白書が政府に提出される
板垣退助、後藤象二郎らが、政府に対して最初に民選の議会開設を要望した。、士族や豪農・豪商ら平民に参政権を与え、議会を開設せよとの主張
1875 樺太・千島交換条約が結ばれる
日本とロシア帝国との間で国境を確定するために結ばれた条約。樺太をロシア領、得撫島以北を含む千島18島を日本領と取り決めた。
江華島事件が起こる
朝鮮の江華島付近において日本と朝鮮の間で起こった武力衝突。日朝修好条規締結の契機となった。
1877 西南戦争が起こる
西郷隆盛を盟主にして起こった士族による武力反乱。西南役、丁丑の乱、十年戦争、私学校戦争とも呼ばれ、明治初期の一連の士族反乱のうち最大規模のもので、日本最後の内戦。
1879 琉球藩が沖縄県とされる
明治政府は軍隊と警官を派遣して琉球藩の廃止を宣言し、鹿児島県に編入・同年中に沖縄県を設置
1881 国会の開設を政府が約束する
帝国議会開設の詔・10年後に国会を開設することを天皇の名で国民に宣言
板垣退助が自由党を作る
板垣退助らが結成した日本最初の近代政党。国会期成同盟が発展して結党された。初代党首は板垣。自由民権運動の担い手として全国に組織を広げる
1882 大熊重信が立憲改進党を作る
自由民権運動の代表的政党の一つ。初代党首は大隈重信。地方都市の商業資本家・知識人層・三菱を支持基盤
1884 秩父事件が起こる
埼玉県秩父郡の農民が政府に対して起こした武装事件。自由民権運動の影響下に発生した「激化事件」の代表例
1885 内閣制度発足
伊藤博文が初代の内閣総理大臣となる
1886 ノルマントン号事件が起こる
イギリス船籍の貨物船、ノルマントン号が、紀州沖で座礁沈没した事から始まった事件。この事件以降、領事裁判の不当さを感じ不平等条約撤廃の動きが高まった。
1889 大日本帝国憲法が制定される
近代立憲主義に基づく日本の憲法。立憲主義の要素と国体の要素を併せ持つ欽定憲法。立憲主義によって議会制度が定められ、国体によって議会の権限が制限された。
1890 第一回衆議院議員総選挙が行われる
第一回帝国議会が開かれる
1891 足尾銅山鉱毒事件を田中正造が議会で取り上げる
群馬県で起きた足尾銅山の公害事件。明治時代後期に発生した日本の公害の原点
1894 日英通商航海条約
陸奥宗光による領事裁判権の廃止。不平等条約改正交渉の結果、ようやく達成できた最初の改正条約
日清戦争が起こる
李氏朝鮮をめぐる日本と清朝中国の戦争。豊島沖の海戦で始まった。
1895 下関条約が調印される
日清講和条約は、日清戦争の後に、下関市で開催された下関講和会議で締結された条約。
ロシア・ドイツ・フランスが三国干渉を行う
下関条約で日本への割譲が決定された遼東半島を清へ返還するよう、フランス・ドイツ・ロシアの3国が行った日本に対する勧告
1901 日本初の近代製鉄所「八幡製鉄所」が操業開始
1902 日英同盟が成立する
日本とイギリスとの間の軍事同盟。
1904 日露戦争が起こる
大日本帝国とロシア帝国とによる、朝鮮半島と中国の満州を主戦場とした戦争。極東における南下政策を押し進めるロシア帝国と、朝鮮半島を国土防衛上の生命線と位置づける新生明治日本との戦い
1905 ポーツマス条約が調印される
日露戦争の講和条約。日本全権小村寿太郎とロシア全権セルゲイ・ウィッテの間で調印。
1910 韓国併合が行われる
韓国併合ニ関スル条約に基づいて日本が大韓帝国を併合した事を指す
1911 関税の自主権の回復
小村寿太郎が日米通商航海条約を調印し関税自主権の回復を果たした
大正時代 1912 護憲運動が起こる
立憲政治を擁護する国民や政党などの運動。
1913 大正政変が起こる
憲政擁護運動により、第3次桂内閣が倒れた。民衆運動の力が、はじめて政権を倒した事件
1914 日本が第一次世界大戦に参戦する
大日本帝国がドイツに宣戦布告。日英同盟に基づいて連合国の一員として参戦
1915 中国に二十一か条の要求を出す
対華21ヶ条要求。大隈重信内閣が中華民国の袁世凱政権に5号21か条の要求を行った
1918 シベリア出兵が行われる
連合国(アメリカ合衆国・大日本帝国・イギリス帝国・フランス・イタリアなど)が第一次世界大戦から離脱したソ連に対し、「チェコ兵捕囚救出」という名目でシベリアに出兵した事件。
米騒動が起こる
米価格急騰にともなう暴動事件。富山県を中心にして全国規模の民衆暴動へ発展した事件を指す。越中女房一揆ともいわれる。
原敬内閣が発足
日本初の本格的政党内閣(衆議院に議席を持つ政党の党首という資格で首相に任命されたことによる)。米騒動への対応を誤った寺内正毅内閣が内閣総辞職に追い込まれ成立した。
1920 国際連盟が成立する
第一次世界大戦の教訓から発足した史上初の国際平和機構である。本部はスイスのジュネーヴ
1922 全国水平社、日本農民組合が結成される
1923 関東大震災が起こる
1924 第二次護憲運動
1925 治安維持法が成立する
国体(天皇制)や私有財産制を否定する運動を取り締まることを目的として制定された法律。
普通選挙法が成立する
加藤高明内閣によって成立した、成年男子による普通選挙を規定する法律
  1929 世界恐慌が起こる
1929年10月24日木曜日のニューヨーク株式市場(ウォール街)の株価大暴落に端を発した世界規模の恐慌。資本主義先進国は例外なくダメージを受ける。日本経済は世界恐慌発生とほぼ同時に行った金解禁により危機的状況に陥る。
昭和時代 1931 満州事変が起こる
軍部の発言力が強まり、政府を無視して引き起こされた満州における関東軍(大日本帝国陸軍)の軍事行動に端を発する国家間紛争
1932 五・一五事件が起こる
大日本帝国海軍急進派の青年将校を中心とする反乱事件。武装した海軍の青年将校が、突如首相官邸に乱入、当時の護憲運動の旗頭ともいえる犬養毅内閣総理大臣を暗殺。この事件により日本の政党政治は衰退。
1933 日本が国際連盟を脱退する
1936 二・二六事件が起こる
陸軍皇道派の影響を受けた青年将校らが1483名の兵を率い、「昭和維新断行・尊皇討奸」を掲げて起こした反乱事件、クーデター未遂事件
1937 日中戦争が始まる
盧溝橋事件、北京の盧溝橋で起きた発砲事件を発端に日中戦争が始まる。日本軍と国民党政府は戦争状態に突入、その後戦線を拡大していった。
1938 国家総動員法が定められる
近衛内閣によって制定された法律。総力戦遂行のため国家のすべての人的・物的資源を政府が統制運用できる(総動員)旨を規定
1939 第二次世界大戦が始まる
ナチスドイツのポーランド侵攻およびイギリス・フランスがドイツに対して宣戦を布告したことより始まった
1940 日独伊三国同盟が成立する
日本、ドイツ、イタリアの間で締結された条約に基づく軍事同盟。アジアにおける日本の指導的地位及びヨーロッパにおける独伊の指導的地位の相互確認、調印国いずれか一ヵ国が米国から攻撃を受ける場合に相互に援助すると取り決めがなされた。実質上、対米軍事同盟。
大政翼賛会が発足する
新体制運動の結果発足した、国民動員体制の中核組織。
1941 日ソ中立条約が結ばれた

日本とソ連の間で締結された中立条約。相互不可侵および、一方が第三国の軍事行動の対象になった場合の他方の中立などを定めた

太平洋戦争が始まる
真珠湾攻撃、日本海軍がハワイ真珠湾のアメリカ海軍の太平洋艦隊と航空基地に対して行った奇襲攻撃。この攻撃によって太平洋戦争が始まり、日本とアメリカが第二次世界大戦に参戦した。
1943 イタリアが降伏する
1945 ドイツが降伏する
アメリカ軍が沖縄に上陸する
広島、長崎に原爆が投下される
ポツダム宣言を受け入れ日本が降伏する
づいてアメリカ合衆国、中華民国および英国の首脳が、大日本帝国に対して発した第二次世界大戦に関する13条から成る降伏勧告の宣言。
8月15日正午、玉音放送により、臣民と大日本帝国陸軍、大日本帝国海軍に降伏・太平洋戦争の終結が伝えられた。
連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)が財閥解体、農地改革を指令する
ポツダム宣言の執行のために日本国土の大部分を占領し、事実上の統治を行なった連合国軍の日本における司令本部により、農地改革によって大地主から強制的に土地を買い上げて小作人に分配した。侵略戦争遂行の経済的基盤になった財閥の解体した。
選挙法が改正され、女性に選挙権があたえられる
1946 日本国憲法が定められる
日本国の現行憲法。世界で唯一、当事者国ではない第三国の主導により制定された憲法
1947 日本国憲法が施行される
1950 警察予備隊が作られる
警察力の不足を補うための武装部隊。現在の陸上自衛隊
1951 サンフランシスコ平和条約が調印される
第二次世界大戦におけるアメリカ合衆国をはじめとする連合国の諸国と日本国との間の戦争状態を終結させるため、両者の間で締結された平和条約。この条約によって正式に、連合国は、日本国及びその領水に対する日本国民の完全な主権を承認した。
日米安全保障条約が調印される
1960 新日米安全保障条約が調印される
1965 日韓基本条約が調印される
日本と大韓民国との間で結ばれた経済協力や関係正常化などの取り決めた条約。
1968 小笠原諸島が日本に返還される
1972 沖縄が日本に返還される
日中共同声明が調印される
これにより日本と中華人民共和国が国交を回復した。
1973 石油危機が起こる
原油の供給逼迫および価格高騰と、それに伴う経済混乱。
1978 日中平和友好条約が調印される

日中共同声明を踏まえて、日本と中華人民共和国の友好関係の発展のために締結された条約。

日本史歴史年表ダウンロード


日本史歴史年表ワードファイル
右クリック「対象をファイルに保存」で保存してください。

日本歴史年表scribdファイル
(上の印刷ボタンでプリントアウト、下のpdfボタンで簡単に保存できます)




日本歴史年表の「scribdファイル」タグです。
是非ブログやサイトなどでお使いください。

飛鳥時代人物年表

人物名 年号 一言
飛鳥時代人物年表 聖徳太子 574〜622 十七条憲法・冠位十二階制定。
物部守屋 〜587 推古朝初期の有力豪族
蘇我馬子 551〜626 推古天皇などの4代に仕え、蘇我氏の全盛時代を築く。
崇峻天皇 〜592 臣下(蘇我馬子)に天皇が殺害された。確定している例では唯一
推古天皇 554〜628 遣隋使などを派遣
小野妹子 生没年不詳 遣隋使
蘇我蝦夷 586〜645 大化の改新(乙巳の変)で滅びる
蘇我入鹿 〜645 蘇我蝦夷の息子
山背大兄王 〜643 聖徳太子の子供
舒明天皇 593〜641 第34代天皇
天智天皇
(中大兄皇子)
626〜672 大化の改新の中心人物
中臣(藤原)鎌足 614〜669 大化の改新以降中大兄皇子(天智天皇)の腹心として活躍
孝徳天皇 596〜654 大化の改新時代の天皇
皇極天皇 594〜661 中大兄皇子の母
天武天皇
(大海人皇子)
631〜686 壬申の乱にて大友皇子を滅ぼして即位
大友皇子
(弘文天皇)
648〜672 天智天皇の息子
持統天皇 645〜703 天智天皇の娘で、父の同母弟である大海人皇子の妃
文武天皇 683〜707 天武天皇と持統天皇の子・草壁皇子の長男
元明天皇 661〜721 奈良時代初代天皇(遷都を行った)

昭和時代年表

昭和時代 1931 満州事変が起こる
軍部の発言力が強まり、政府を無視して引き起こされた満州における関東軍(大日本帝国陸軍)の軍事行動に端を発する国家間紛争
1932 五・一五事件が起こる
大日本帝国海軍急進派の青年将校を中心とする反乱事件。武装した海軍の青年将校が、突如首相官邸に乱入、当時の護憲運動の旗頭ともいえる犬養毅内閣総理大臣を暗殺。この事件により日本の政党政治は衰退。
1933 日本が国際連盟を脱退する
1936 二・二六事件が起こる
陸軍皇道派の影響を受けた青年将校らが1483名の兵を率い、「昭和維新断行・尊皇討奸」を掲げて起こした反乱事件、クーデター未遂事件
1937 日中戦争が始まる
盧溝橋事件、北京の盧溝橋で起きた発砲事件を発端に日中戦争が始まる。日本軍と国民党政府は戦争状態に突入、その後戦線を拡大していった。
1938 国家総動員法が定められる
近衛内閣によって制定された法律。総力戦遂行のため国家のすべての人的・物的資源を政府が統制運用できる(総動員)旨を規定
1939 第二次世界大戦が始まる
ナチスドイツのポーランド侵攻およびイギリス・フランスがドイツに対して宣戦を布告したことより始まった
1940 日独伊三国同盟が成立する
日本、ドイツ、イタリアの間で締結された条約に基づく軍事同盟。アジアにおける日本の指導的地位及びヨーロッパにおける独伊の指導的地位の相互確認、調印国いずれか一ヵ国が米国から攻撃を受ける場合に相互に援助すると取り決めがなされた。実質上、対米軍事同盟。
大政翼賛会が発足する
新体制運動の結果発足した、国民動員体制の中核組織。
1941 日ソ中立条約が結ばれた

日本とソ連の間で締結された中立条約。相互不可侵および、一方が第三国の軍事行動の対象になった場合の他方の中立などを定めた

太平洋戦争が始まる
真珠湾攻撃、日本海軍がハワイ真珠湾のアメリカ海軍の太平洋艦隊と航空基地に対して行った奇襲攻撃。この攻撃によって太平洋戦争が始まり、日本とアメリカが第二次世界大戦に参戦した。
1943 イタリアが降伏する
1945 ドイツが降伏する
アメリカ軍が沖縄に上陸する
広島、長崎に原爆が投下される
ポツダム宣言を受け入れ日本が降伏する
づいてアメリカ合衆国、中華民国および英国の首脳が、大日本帝国に対して発した第二次世界大戦に関する13条から成る降伏勧告の宣言。
8月15日正午、玉音放送により、臣民と大日本帝国陸軍、大日本帝国海軍に降伏・太平洋戦争の終結が伝えられた。
連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)が財閥解体、農地改革を指令する
ポツダム宣言の執行のために日本国土の大部分を占領し、事実上の統治を行なった連合国軍の日本における司令本部により、農地改革によって大地主から強制的に土地を買い上げて小作人に分配した。侵略戦争遂行の経済的基盤になった財閥の解体した。
選挙法が改正され、女性に選挙権があたえられる
1946 日本国憲法が定められる
日本国の現行憲法。世界で唯一、当事者国ではない第三国の主導により制定された憲法
1947 日本国憲法が施行される
1950 警察予備隊が作られる
警察力の不足を補うための武装部隊。現在の陸上自衛隊
1951 サンフランシスコ平和条約が調印される
第二次世界大戦におけるアメリカ合衆国をはじめとする連合国の諸国と日本国との間の戦争状態を終結させるため、両者の間で締結された平和条約。この条約によって正式に、連合国は、日本国及びその領水に対する日本国民の完全な主権を承認した。
日米安全保障条約が調印される
1960 新日米安全保障条約が調印される
1965 日韓基本条約が調印される
日本と大韓民国との間で結ばれた経済協力や関係正常化などの取り決めた条約。
1968 小笠原諸島が日本に返還される
1972 沖縄が日本に返還される
日中共同声明が調印される
これにより日本と中華人民共和国が国交を回復した。
1973 石油危機が起こる
原油の供給逼迫および価格高騰と、それに伴う経済混乱。
1978 日中平和友好条約が調印される

日中共同声明を踏まえて、日本と中華人民共和国の友好関係の発展のために締結された条約。